玄米の酵素

玄米の酵素

250g   4,200円(税込)


     ⇒⇒⇒⇒  

①酵素でくず湯を作った物に   ②「玄米の酵素」を入れて       

       ⇒⇒      

③くず湯と「玄米の酵素」を混ぜます   ④固くなったくず湯が、水の状態になって     

                         分解されていきます。

       ⇒⇒1時間後  

⑤水分と片栗粉が分かれ、2層になりました。

 

この様に生きている酵素は、胃の中の内容物を 

消化.jpg分解.jpg吸収.jpg排泄.jpgしてくれます。

 

玄米の酵素
私達が毎日食べている白米、玄米の表皮(米ぬか)と胚芽を削り取ったものです。

豊富な栄養素を持つ玄米の米ぬかと胚芽を麹菌で発酵させたのが玄米の酵素です。

酵素はたんぱく質であるため熱に弱く、一般に70度を超えるとその構造が壊れてしまいます。

玄米の酵素は(麹菌の一種)を特殊な方法で培養しその胞子を生きたまま粉末にしたものです。

       

 

 
       

   
玄米の酵素に含まれる消化酵素の種類と働き!!      

 


 

★デンプンをエネルギーに分解するアミラーゼ
★たんぱく質を血や肉の元になるアミノ酸に分解するプロテアーゼ
★脂肪分を脂肪酸やグリセリンなどに分解するリパーゼ

 


酵素SOD(スーパーオキシドディスタムターゼ)の力!!      

 


 

一言で言えば、正義の味方です!!
私達の体の中で、老化したり、ガン、生活習慣病の原因となる
活性酸素を消去してくれます。
強毒で酸化力が強い活性酸素はすごい勢いで細胞を酸化して老化させガン発生の

引き金にもなりかねません!
比較的酸化力が弱いうちに消去してあげる事が大切です。

 

 


玄米に含まれる機能性物質    

 

 


 

フィチン酸 抗酸化作用、解毒作用を持ち体内から有害物質を排出する。
イノシトール 水溶性ビタミンB群の一種、細胞の成長促進作用を持ち

           肝臓機能を強化。老化防止作用がある
フェルラ酸 強い抗酸化作用で活性酸素を除去する。
ギャバ    脳内血流をよくし、脳細胞の代謝を高める働き。
アラビノキシラン 免疫機能を強化、強い抗がん作用があるといわれてる。

 

 

 


酵素の力だけではない玄米の酵素の力!!      

 


玄米の酵素は、成分表からもお分かりのように
多種多様なミネラル類、良質なたんぱく質、食物繊維、植物性脂肪など

生命活動に必要な栄養素が満遍なく含まれています。

酵素の働きだけでなく
玄米について、もう少し注目してみたいと思います。
私達日本人は毎日お米を食べます・・・。
そのお米を食べるからこそ必要な栄養素として考えていただけたらと思っています。

玄米ごはんは身体に良いと、食生活に取り入れている方、

そして取り入れようと思っている方、はたくさんいらっしゃると思います。
でもなかなか身体に良いと解ってはいるけど、様々な理由食べていない方も多いはず・・・。
私達は毎日の食事でこういった力を取り入れることが容易な環境にいながら
酵素の力・玄米の力を縁遠くしてしまっている事に気付かされます

 

 


玄米の酵素成分表

水分  5,4g/100g          たんぱく質      17,3g/100g
脂質  23.1g/100g        灰分         12.2g/100g
糖質  12.1g/100g        食物繊維      29.9g/100g

エネルギー385g/100g       ナトリウム      75.0g/100g
リン 2.75g/100g           鉄           10.5g/100g
カルシウム 60.4g/100g      カリウム       1.86g/100g
マグネシウム1.32g/100g     亜鉛         6.53g/100g
ビタミンB1 4.00g/100g      ビタミンB2     0.88g/100g
ビタミンB6 4.77g/100g      ビタミンB12   0.22ug/100g
ビタミンE(αートコフェロール) 6.3mg/100g

αートコフェロール 6.0mg/100g
βートコフェロール 0.5mg/100g
γートコフェロール 0.8mg/100g
ビタミンK1  7ug/100g        葉酸       0.25mg/100g
パントテン酸8.03mg/100g      ビオチン    57.2ug/100g
ナイアシン 67.0mg/100g       GAVA     28mg/100g